カードローンに人気が有る理由

キャッシングを始めたいとき、できれば低金利のところで利用したいと誰もが考えることですが、銀行カードローンに人気が有るのはまさに金利を低い金利で利用できるというところにあります。 「消費者金融と銀行カードローンの金利を比較してみる」 大手消費者金融の金利は4,5%〜18,0%前後に決まっていますが、銀行カードローンはそれぞれの銀行が基準を決めているため、超低金利の銀行や消費者金融と変わらないほどの金利の銀行もあります。 金利の差がどれくらいなるのかを実際に計算してみるとよくわかります。 たとえば消費者金融で10万円を金利18,0%で30日間借りた場合と、銀行カードローンの平均金利14,0%で計算すると、 消費者金融は  10万円×18,0%÷365日×30日=1,450円 カードローンは 10万円×14,0%÷365日×30日=1,150円 とその差が300円となります。 この差は少ないように思えますが、同じ返済額の場合、利息が少なければ元金返済に充当される金額が多くなるので、利息が少ないほど返済期間が短くなり、金利を含めた総返済額が少なくなります。 「銀行カードローンの金利を調べてみる...
More

どんなキャッシング方法がある?

気軽に利用できるキャッシングは、一つだけの方法があるわけではないのです。たくさんの金融機関が様々なキャッシング商品を取り扱っています。どのキャッシング方法が自分に適しているのか、これをじっくりと考えて借り入れに関する計画を立てましょう。 銀行、消費者金融、信販会社、クレジット会社などほとんどの金融機関がキャッシングできるローン商品を取り扱っています。一口にキャッシングといっても、取り扱う金融機関によって大きな違いがあります。その違いは貸金業法によって規制されているかどうかという点です。貸金業法で規制を受けているキャッシングは、借り入れできる総額が年収の3分の1までと決められています。また、上限金利が借り入れする金額に応じて厳密に決められている点も気を付けておきましょう。 貸金業法で規制を受けているキャッシング商品には、消費者金融が取り扱うカードローンやクレジットカードのキャッシング枠などがあります。ただし、消費者金融が扱うおまとめローンは貸金業法に基づくものですが、利用者にとって金利が下がるなどのメリットがあるため、年収の3分の1を超えた金額を利用することもできます。また、クレジットカ...
More